INFORMATION
WebHistory
青年会議所リンク















たまっぷ
玉名地域のHPリンク
玉名青年会議所Twitter
トップ  > 



「奉仕・修練・友情」のJC三信条のもと、様々な事業を展開する青年会議所には、メンバーそれぞれの“情熱”を高め、それぞれを“使命”に導き、それぞれに“行動”の機会を与える力があります。2013年度の基本方針である「ひらく」「みとめる」「つながる」「ささえる」を軸とした組織体制のもとで、各副理事長がリーダーシップを発揮し、所管する各委員会の主体的な事業運営を導くことにより、我々は玉名青年会議所と玉名地域に更なるポジティブチェンジを促すことができるものと考え、組織運営を行ってまいります。


 多くの先輩方が情熱を注ぎながら、明るい豊かな社会を実現するために、様々な運動を展開してきた玉名青年会議所。青年の学び舎であり、まちづくり、ひとづくりを実践する玉名青年会議所が、先輩方の情熱とともに受け継がれてきたことを心から誇りに思います。
公益法人制度改革への対応として、今年度より一般社団法人として新たな出発をする今、あらためて我々は玉名青年会議所への誇りを胸に、その歴史と伝統を重んじ、次代へ繋ぐ自覚と責任をもち、情熱と使命と行動をもって、明るい豊かな未来への道をひらきます。


玉名市、長洲町、玉東町、和水町、南関町、そしてここに住まう皆のふるさと“たまな”。青年会議所メンバーは青年経済人として、このまちで経済活動や社会活動を営んでいます。我々は”たまな”に生かされていることへの感謝を胸に、子どもたちがふるさと“たまな”の未来を拓く人材として成長できるような地域教育事業を行い、子どもたちの自立心や向上心、生き抜く力をひらきます。また“たまな”に存在する素晴らしい可能性を秘めた地域資源の利活用について地域とともに考える機会を、笑顔あふれる事業として創出します。
対外対象者に発信する事業においては他団体や地元企業、行政機関との連携を意識し、JC活動の地域活動としての定着推進も重要であると考えます。JC活動が“たまな”に必要とされる地域活動として成長することにより、地域全体で“たまな”を拓く次世代育成が可能となるのではないでしょうか。次世代育成事業のその先には“たまな”のポジティブチェンジがあり、“たまな”の明るい豊かな未来がひらくものと信じています。





青年会議所は企業や地域の未来を担う青年経済人の集まりであり、会員それぞれが様々な分野における豊富な経験や知識を有しています。それぞれの経験や知識は、会員交流が深まるほどに認知され、互いの成長を促すことも少なくありません。JC活動においても、それぞれが有する経験や知識を活用することにより、更なる成果を導くことができます。
会員相互の理解を促進する機会を創出するためにも、玉名青年会議所が5年毎に作成している定期刊行誌「和次廚虜鄒を通じて先輩方やメンバーとの交流を行い、それぞれの経験や知識、能力等が周知できるよう取り組みます。また互いをみとめあい、経験や知識を高め、自己成長を実現することができる事業を通じ、“たまな”を担う人材育成を行います。
人材育成事業への取り組みを通じそれぞれのポジティブチェンジが促され、職場や組織、そして“たまな”に必要とされる人材として活躍の場が広がることは間違いありません。


我々は仕事やプライベートに加え、JC活動を通じて多くの成長と出会いの機会を広げることができ、また社会への様々な関心が高まり充実した活動ができていると感じています。愛郷心も然り。地域社会と触れた分だけ愛郷心が育まれ、他団体との交流促進も我々を更なる愛郷心の深化へと導いてくれます。しかしながら、組織として事業開催や交流推進を行うためには、様々な担いを分掌できる会員数を維持する必要があります。愛郷心を胸に、玉名青年会議所への誇りと責任をもって、“たまな”の次世代を担う青年経済人をメンバーへと導く会員拡大活動を行います。
“たまな”には多くのまちづくり団体が存在します。各団体との交流促進により、ともに共通する課題や目標を見出し、つながることにより、玉名青年会議所の“たまな”における存在意義も示すことができ、会員拡大と活動発展を導く一助となることが期待できます。またそれぞれの地域で活動する各地青年会議所とも、これまでと同様に交流促進を行い、ともに共通する課題や目標を見出し、まちづくり運動の発展に向けた連携を行います。
昨年は震災復興支援プログラム“絆”プロジェクトを、県北各地の青年会議所と連携したリレー事業として開催することができ、すばらしい成果を得ることができました。今年も広域連携に精力的に取り組み、県北と“たまな”がつながる機会といたします。


奉仕活動の定義は、自発性、無償性、利他性、先駆性の4つとされており、まさに青年会議所の理念にも合致した行動規範です。奉仕活動の担い手として、近年存在感を発揮しているのは主に若年層と女性層ですが、“たまな”の地域特性として、青年経済人の交流が男性の経営者層中心であり、若年層や女性層にJC活動を知っていただく機会が少ないことが、若年会員や女性会員拡大への課題であると考えます。
本年度は玉名青年会議所の定款にある賛助会員規定を明確にし、奉仕精神豊かな学生や非営利団体職員などに賛助会員としてJC活動に参加いただける体制を整備します。賛助会員との交流促進により、JC活動に若年層や女性層の視点を反映させ、青年会議所の認知度向上と会員拡大を推進することができると考えます。



すばらしい歴史と伝統を有する玉名青年会議所の組織運営に際し、私が特に重要と考えているのは、玉名青年会議所の“いま”を如何に会員と共有するか、ということです。総会・理事会・例会への参加促進を通じ会員と共有することは勿論のことですが、会議資料や広報誌等、各種事業の案内についてはWEBを活用した情報発信を行い、各種会議や事業に参加できない会員においても玉名青年会議所の“いま”が共有できるよう取り組みます。
まちづくりに関心を持つ住民の参加意識向上を図ることを目的とした『玉名まちづくり団体マップ たまっぷ』については、引き続きコンテンツを充実させながら、“たまな”を愛し、豊かなまちづくりの創造に取り組む団体の広報支援を行い、有機的連携を図ります。
また2013年度、玉名青年会議所が様々な事業について広く情報発信をし、事業への理解と参加動員を募ることを目的とし、ローカルメディアによる番組制作を行います。そして収録DVDを配布できるようにし、関係各位に玉名青年会議所の“いま”を見ていただくことにより、JC活動の周知と理解を得ることができるものと考えます。
「ひらく」が導く次世代育成事業、「みとめる」が導く人材育成事業、「つながる」が導く拡大交流事業、そのすべてを玉名青年会議所の“いま”としてメンバーや“たまな”と共有することを、基本方針「ささえる」の使命として捉え、行動します。
 
JC宣言には、「個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する」という一節があります。個人の夢と地域の夢が同じ方向へ向かうとき、「ひと」も「まち」も輝き、地域活性化の大きな推進力となります。そして、JC事業と自分の夢に共通点を見出してJC活動に取り組むことにより、各個人もまた輝くことができるのではないでしょうか。青年会議所は、明るい豊かな社会の実現と同時に、我々の自己実現も可能にしてくれるのです。
そして、「変わらないために変わる」すなわち、時代や環境が変わってもいつまでも人々が輝いて暮らせるまちであるよう、相集い、力を合わせ、この時代、この地域の課題の解決と夢を叶えることに果敢に挑戦し、自らのポジティブチェンジを実現しましょう。



プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:116 平均点:5.09
カテゴリートップ
TOP